2009年04月10日

「手元不如意」読み方、そして意味は・・・

先日ハリウッド俳優のニコラス・ケイジが自身の所有する城を売却したとの報道がありました。その時に使われたのがこの「手元不如意という言葉。はじめて見た、または耳にしたという人が多いのではないでしょうか。実際に私も読むことはできましたが、意味まではわかりませんでした。まずは読み方から。「てもとふにょい」と読みます。こちらは比較的にわかった人が多かったのではないでしょうか。続いてこの言葉の意味について。「経済状態が苦しいこと。やり繰りがつかないこと。また、そのさま。」というのが一般的な認識のようです。ハリウッド界を代表する俳優も経済状態が苦しいとは・・・同じく「手元不如意」な有名人、マイケルジャクソンを連想させてしまいますね。
人気ブログランキングへ


posted by gizaemon at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。